コンセプト

CONCEPT

大地の香りのするお菓子。
岡山県鏡野町、郷土の素材を生かし、
旬の恵みを大切にしたお菓子づくり。

厳選した地元の食材にこだわり、生産者が丹精込めた農産物を原料に、美味しく安全で安心して召し上がっていただける菓子作りを目指している洋菓子店です。 

神戸のパティシエ経験を元に、 地元食材を生かすスイーツ作りを。

30年のパティシエ職人

先代は鏡野で和洋菓子の卸売業から創業しました。洋菓子の激戦区、神戸で5年間菓子作りの修行を積み、1995年に地元に戻りました。地元らしさのある桜をテーマにした銘菓が無いことに気づき、花見で賑わう観光客向けに初めて饅頭を販売しました。鏡野は自然豊かな大地に恵まれ、季節に応じて様々な果物や農作物が採れます。商工会や大学、観光協会などとの産学官連携や農商工連携を通して、ペティシエとしての創作活動に様々な取り組みをしてまいりました。

ひたむきな農家を応援したい

鏡野町農業後継者クラブでフルーツトマトを生産する井上さんと出会い、一緒にトマトジュレを作るプロジェクトに参画しました。作ることに懸命で、気候に左右される収穫量や出来栄えに一喜一憂しながらも栽培技術を磨き、工夫や地道な努力を続ける農家さんの姿勢に共感しました。農家さんのこの地道な努力の結晶とも言える「農作物」を特産品として開発して、全国に発信してきたい、と強く思うようになりました。

徹底した品質管理でOEMも

生ケーキやタルト、チーズケーキ、焼き菓子。ショコラやジュレ。素材の風味や色合い、香りを生かした洋菓子の可能性を広げるべく、一次加工から真空調理機、攪拌、焼き上げ、個包装まで、様々な機械設備を導入して参りました。pH調整や賞味期限、栄養成分表示など、加工品に必須の法定表示などへの対応も早くから取り組んでいます。衛生的で安定した生産体制を目指し、最新の生産・加工機械を積極的に取り入れることで、効率の良いOEMの受注体制も整えております。

素材への探究心

ショコラの商品開発のために、カカオの原産地まで出向き、樹なりのカカオ豆や、収穫から発酵までの加工の様子までを研究してまいりました。素材の源流を知ることで、新たなアイデアや創作への意欲も増します。ベルギー産のクーベルチュール・チョコレートと鏡野・津山エリアの素材との出会いで、また新たなスイーツが生まれることでしょう。パティシエの旅はこれからも続きます。

PAGE TOP