ジュレ

Gelée

岡山を代表する清水白桃、とろけるような濃質食感

岡山の名産『清水白桃』の果肉を、きめ細かくなめらかに裏ごしし清水白桃本来の旨み風味をそのままにとろけるような濃質なジュレに仕上げました。口に入れた瞬間、白桃の香りがやさしく広がっていきます。上品な果肉の食感と、とろけるような、なめらかな食感が贅沢に味わえます。
清水白桃本来の色がそのままのジュレの色となっております。WAKANA自慢の商品です。

木なり熟成で甘さと栄養たっぷりのフルーツトマト。

使っているトマトは、岡山県鏡野町の契約農家で愛情いっぱいに育てられたフルーツトマト(品種:桃太郎トマト)です。生産農家では、トマトの元気な花を咲かせることで非常に味のあるフルーツトマトを作ることができ、土を使わない水気耕栽培で栽培しておいますので、水の中に、白い根が張り巡らされ、マット状になり養分を吸収して美味しいトマトが出来上がります。トマトの味をそこなわないようイオン水と北海道産甜菜糖で味を整え、生産者と一緒に何度も何度も試行錯誤して作り上げたもので、トマトの素材本来の味わいが生きている自然の美味しさです。

大粒ピオーネの濃厚な甘味と程よい酸味。

鏡野エリアで栽培されているぶどうで人気ナンバー1の大粒ピオーネは、しっかりとした濃厚な甘さと、酸味とのバランスが良いことが良質の条件です。寒暖差のある気候が、赤みが抜けて黒々とした上質のピオーネを生み出します。農家さんが丹精込めて作ったピオーネを、ジュレに閉じ込めました。鮮やかな紫色が美しく濃厚なピオーネの風味をそのままに味わえます。

ブルーベリーは、岡山県の美咲町にある農園で、有機肥料で栽培されたものを使用しています。家族経営で栽培に工夫を凝らし、県内外からも美味しいと評判のブルーベリーです。風味豊かで鮮やかな紫色には、甘酸っぱい味の中に、栄養が詰まっています。

シリーズ

「パティシエが行く」〜旬素材を求めて農園へ〜

とろけるの濃質食感ジュレ「ジェラティーナ」 に使用している素材

井上ハウス園芸の「フルーツトマト」

フルーツトマト・ジュレ「まっかなときめき」には、岡山県鏡野町の特産品として、今や全国的にも知られる完熟ブランドトマト「あじわいとまと」が、丸ごと1個贅沢に使われています。木成りで赤く熟すため、栄養もたっぷり含まれています。実が詰まっていて硬さがあり、加工がしやすいのが特徴です。

PAGE TOP